銀軸超え!? Razer Huntsman TE テンキーレスキーボード 【レビュー】

2019年10月31日にRazerから発売された英語配列キーボード「Huntsman Tournament Edition」。
Razer独自の技術により、銀軸を超える速さの高速入力を実現。
ゲーム初心者にはもちろん、よりコアなゲーマー向けに開発されたのがこのキーボード。
今回はこの「Huntsman Tournament Edition」をご紹介します!!


 
 

Razer Huntsman TEの特徴

Razer Huntsman TE」の主な特徴


Razer独自の技術「Razer リニアオプティカルスイッチ」を採用し、銀軸を超える入力速度を実現

1億回のキーストロークにも耐える耐久性(一般的なゲーミングキーボードは約5000万~7000万回)


印字が一生消えない「ダブルショット PBT キーキャップ」採用

取り外し可能なUSB Type-Cケーブルとコンパクトなテンキーレス仕様で持ち運びに便利


英語配列

 
 

Razer Huntsman TEの詳細スペック

インターフェースUSB Type-C
キースイッチRazer リニアオプティカルスイッチ
配列英語配列
キーストローク3.5mm
アクチュエーションポイント1.0mm
押下圧40g
耐久性1億回クリック
ポーリングレート1000Hz
チルト(角度調節)0、6、9°の3段階調節
保証期間2年間




ちなみに、他の軸のアクチュエーションポイント(押してから入力されるまでの深さ)と押下圧を比較してみると…

アクチュエーションポイント押下圧
青軸2.2mm60g
赤軸2.0mm45g
銀軸1.2mm45g
Razer リニア オプティカルスイッチ1.0mm40g

このように、軽い力で入力できて反応までが非常に速いキースイッチになっていることが分かります。

反応速度が重要なFPSや、キャラクターコントロールが重視されるゲームなどでかなり優位に立てるキーボードです。



「Razer リニアオプティカルスイッチ」は従来のメカニカルキーボードの”金属が接することでスイッチが反応する”仕様とは違い、”キーを押し込むことで光を感知してスイッチが反応する”システムになっている。
これにより、「光の速さ」という圧倒的なハイスピードを実現している。
かつ、メカニカルスイッチに比べて入力する際の摩擦が少なく、耐久性に優れて長持ちする。
(下画像参照)

 
 

専用ソフトウェアでカスタマイズ可能

専用ソフトウェア「Razer Synapse」の設定画面

設定できる項目は、

キー割り当て
RGB設定(輝度、エフェクト、ON/OFF)


オンボードメモリにより最大5つまでのプロファイルを保存可能で、ゲームやソフトによって変更可能。
シンプルで非常に使いやすいUIになってますね。


気になった点

タイピング時の音が思ったより大きめ(マイクにもよるが、ボイスチャットをする分には問題ないレベル)
反応速度が速い分タイプミスをすることがある
日本語配列がない


クリック感も非常に気持ちよく、軽いタッチでタイピング出来るので疲れることもなく快適です。ただ、レスポンスが速いだけあって、慣れるまではタイプミスをすることが多いかもしれません。
ゲームメインで使用する分には文句なし!!


こんな人におすすめ!!

英語配列キーボードが好きな方!!
FPSなどのキャラコンを重要視したいコアゲーマーの方!!
コストを抑えつつ最強のキーボードをお探しの方!!



キャラコンが重要なFPSをプレイするゲーマーにはピッタリの製品だと思います。
軽くて入力までの反応が速い!!テンキーレスでコンパクト!!うーん、完璧!!


まとめ

今回はRazerの「Huntsman Tournament Edition」を紹介させていただきました。

銀軸を超える入力速度ということもあって、かなりゲーマー向けな製品になってますね。

英語配列のみではありますが、ゲームメインで使う方は問題なく使用できるかと思います。(FPSでエンターとか使わないし…)

この性能に対して約15000円ほどと、 かなり手に取りやすい値段設定なので英語配列好きのゲーマーの方は、買って損はない製品だと思います。

気になった方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。