60%キーボードとは?流行りのコンパクトキーボードを簡単に解説!!

ゲーミングキーボードを探していると、フルサイズのキーボード、テンキーレスのキーボードなど色々見かけますよね。

Fortniteの有名プレイヤー「Tfue」が愛用していたコンパクトキーボード「Ducky One 2 Mini RGB 60%」なら知っている方も多いのではないでしょうか。
この「Ducky One 2 Mini RGB 60%」も60%キーボードの一つです。

今回はメリットやデメリットなどを交えて、テンキーレスよりも更に小さい60%キーボードについて解説していきます。

Ducky One 2 Mini RGB 60%の購入はふもっふのお店または下のリンクから!!

 
 

60%キーボードとは

一般的なテンキー付きのフルサイズキーボードのことを100%とした場合、そのキーボードを60%のサイズまでコンパクトにしたキーボードのことを、「60%キーボード」といいます。

キーの数で言えば、
フルサイズキーボードは101~109個が主流ですが、60%キーボードは61個まで削られています。

60%キーボードで使われていないキー

・F1~F12キー
・テンキー
・矢印キー
・Print Screenキー等
・HOME、DELETEキー等
・左上の全角/半角キー
(日本語配列の場合)

 

 

60%キーボードのメリット

 

場所を取らず、省スペース!!
キーボードとマウスの衝突が無くなる!!
持ち運びに便利!!

・机の作業スペースを確保したい方は特におすすめ!!

60%キーボードの魅力の一つである、シンプルコンパクトなデザイン。
机のスペースに余裕を持たせて、スッキリとしたデスク周りに仕上げることが出来ます。


・ローセンシプレイヤーは必見!!

ローセンシのFPSプレイヤーなら経験があるであろうキーボードとマウスの衝突。私自身もフルサイズのキーボードを使用していた時は、ゲーム内で振り向く際にキーボードにマウスを強くぶつけてしまうことが多々ありました。

60%キーボードはテンキーに加えてDELITEキー、矢印キーも廃止されているので、ぶつけることはほぼ無くなるかと思います。


・持ち運びに便利!!

プロゲーマーの方であれば、オフライン大会などでキーボードを持ち運びすることがあると思います。
大きいキーボードを持ち歩くのは大変ですよね。そこで、この60%キーボードの魅力が光ります!!
小さいかばんにも入る、軽くてコンパクトなフォルムが持ち運びを快適にしてくれます。
外でPC作業をする方にもおすすめです!!


60%キーボードのデメリット

作業効率が落ちる
慣れるまで時間がかかる

キーが少なくなっている分、動画編集などの作業をする場合は、作業効率が落ちます。

F1~F12キー矢印キー等は、Fnキーを長押しすることで入力できますが、手間がかかるのと慣れるまで時間がかかるのとでダブルパンチを喰らいます。

購入前に普段使用するキーを確認しておくことをおすすめします。

(下画像はDuckey OneのFnレイヤーです。)

 

 

まとめ

簡単ではありますが、60%キーボードについて解説させていただきました。


デスク周りをスッキリさせたい方には特におすすめです。
場所を取らないコンパクトさと、シンプルなデザインが机の上をおしゃれに仕上げてくれます。

キーが少なくなっている分、クリエイターの方などは不便に感じるかもしれませんが、FPSなどのゲームに使用する分には問題ないです。

キースイッチやキーキャップなども自分好みのデザインに変えられる、カスタマイズ性に長けたキーボードも多く存在しているので、気になった方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。


↓60%キーボードで1番人気はこれ!!↓

ふもっふのお店から購入する際はコチラ→「Ducky One 2 Mini RGB 60%