2020年も現役!!ワイヤレスゲーミングマウス「Logicool G903」(旧モデル) 【レビュー】

4月 12, 2020

一世を風靡したロジクール製マウス「G903」。Twitchの有名配信者のStylishNoobさんも使用しているデバイスです。最近では同じDTN所属のSHAKAさんとSPYGEAさんとの3BRで苦節を乗り越えてマスター帯に這い上がっていました。その際に使用されていたのが「G903」。
未だ現役のワイヤレスマウス「G903」を紹介していきたいと思います。


※現在は新モデル「G903h」が発売されていますので、お財布に余裕がある方はそちらをおすすめします。

 

 

Logicool G903の特徴

ざっくり簡単に特徴を上げると、

遅延が全くないワイヤレスゲーミングマウス
長時間使用可能なバッテリー
ワイヤレスで110gという軽量構造
万人受けする左右対称デザイン

軽すぎず、重すぎない丁度いいマウス!!

LIGHTSPEED採用の専用レシーバーを使用しているので、ワイヤレスでも遅延無し!!
激しい動きや反応速度を求められるFPSでも問題なく使用できます!!

専用ワイヤレス充電マウスパッドを使用すれば永続的に無線で使用し続けることが出来ます。
ワイヤレス充電マウスパッドはコチラ→「Logicool POWERPLAY
レシーバーも内蔵しているのでこれ一つあればG903を無線で使用できます。)

 

 

Logicool G903の性能

センサーPMW3366
解像度200~12000DPI
最大加速40G
最大速度400IPS
ポーリングレート1000Hz(1ms)
耐久性2000万回クリック
バッテリー持続時間LED使用時  約24時間
LED未使用時 約32時間
サイズ(幅 × 奥行 × 高さ)66.5 × 130.3 × 40.4
重さ110g
保証期間2年間

サイドボタンは最大4つで、左右にそれぞれ2つずつ取付可能です。
マグネットで取り付ける形になっているので簡単に取り替えできます。

10gのおもりが付属していて、好みによって重さを変えられます。


専用ソフトウェアでカスタマイズ可能

専用ソフトウェア「Logicool G Hub」の設定画面

主な設定項目は、

・バッテリー残量確認
・ボタンのキー設定
・マクロ設定
・RBGライティング設定(1680万色)
・DPI、レポートレート設定
・ゲームごとのプロファイル設定


わかりやすいUIになっているので、誰でも簡単にカスタマイズ出来ます。
ゲームごとに変更したボタン配置をプロファイルごとに保存出来るので、複雑なスキルを使うゲームなどに合わせてカスタマイズ可能です!!


こんな人におすすめ!!

G903hが高くて買えない!!
つかみ持ち、かぶせ持ちのゲーマー!!
軽すぎず重すぎないマウスをお探しの方!!

追いエイムが苦手な方!!


新モデル「G903h」は約2万円のところ、この旧モデルの「G903」は1万円弱で買えます。ほぼ半額で同形状のマウスが手に入るので、入門として買うのも良いかもしれません。

程よい重さでグリップ力が強まるので、トラッキング(追いエイム)がしやすいです。
敵に照準を合わせ続けるFPSをプレイする方にもおすすめ!!


まとめ

今回は旧モデル「G903」を紹介させていただきました。

新モデルであるG903hはかなり高めな値段設定になっているので手が届きにくいゲーミングマウスになっています。
性能差で言えば、センサーの違い、耐久性、バッテリー駆動時間など、「G903h」のほうが当然上です。
ですが、ゲームプレイにおいては新モデルとの差がほぼ無いので、お金に余裕が無い方は旧モデル「G903」を買って損は無いです。

まだまだ現役の「G903」。気になった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。