有線よりも速い!?新作ゲーミングマウス Corsair 「DARK CORE RGB PRO」、「DARK CORE RGB PRO SE」

2020年4月7日に発表された「DARK CORE RGB PRO」、「DARK CORE RGB PRO SE」が4月18日から国内発売されます。どちらもワイヤレスゲーミングマウスで、「DARK CORE RGB PRO SE」はQi充電対応のモデルとなっています。


DARK CORE RGB PRO

Qi充電対応のSEモデル

 

 

「DARK CORE RGB PRO(SE)」の主な特徴

ポーリングレート最大2000Hzでの高速通信を実現!!
Bluetooth対応!!
1DPI 刻みで調節可能なPMW3392オプティカルセンサー搭載!!


一般的なゲーミングマウスの2倍の速度である2000Hzのポーリングレートを実現。

Bluetooth 4.2 + LEにも対応し、「1ms未満の速度である2.4GHz高速ワイヤレス接続」、「Bluetooth 4.2 + LE」、「有線接続」の3種類の接続方式がある。

最大18,000DPIまで選択可能で、1DPI刻みで解像度をカスタマイズできる。

DARK CORE RGB PRO SE」のみQi充電対応となっている。
↓Qi充電対応のワイヤレス充電マウスパッドはこちら↓

 

 

「DARK CORE RGB PRO(SE)」の性能

センサーPixArt Imaging製 「PAW3392」
解像度100~18000DPI
ボタン数8個
接続方式有線
2.4GHzワイヤレス
Bluetooth 4.2 + LE
ポーリングレート1000/2000Hz
耐久性5000万回クリック
バッテリー持続時間(LED使用時)2.4GHz接続時:最大16時間
Bluetooth接続時:最大18時間
バッテリー持続時間(LED未使用時)2.4GHz接続時:最大36時間
Bluetooth接続時:最大50時間
サイズ(幅 × 奥行 × 高さ)89 × 127 × 43 mm
重さ133g (SEは142g)
保証期間2年間

PixArt Imaging製光学式センサーの上位モデルである「PAW3392」を採用し、高精度なトラッキングを可能にしている。

メインスイッチはオムロン製スイッチを採用し、高耐久性を実現。

約1680万色から選択可能なLEDバックライトカラー搭載。

下の画像のように、プレイスタイルや好みに応じて右サイドグリップを交換可能。

 

 

専用ソフトウェアでカスタマイズ可能

Corsair専用ソフトウェア「iCUE」の設定画面

設定項目は、

・DPI設定
・約1680万色のLEDバックライトカラー設定
・マウスパッドチューニング
・マウスリフト検知機能
・アングルスナップ機能
・マクロ設定


日本語にも対応しているので簡単にカスタマイズできます。
ドライバーなしでもプロファイル設定を最大3つまで保存可能です。


こんな人におすすめ!!

ミドル~ハイセンシのFPSプレイヤー!!
重いマウスが好きな方!!
Bluetoothでマウスを使う方!!

「DARK CORE RGB PRO」の重さが133g、SEモデルは142gと、比較的重めのマウスになっています。
この重さに加えて、従来のゲーミングマウスよりもトラッキング精度に重きを置いているので、ミドルセンシやハイセンシの方向きなゲーミングマウスです。


まとめ

Corsairの新作ゲーミングマウス「DARK CORE RGB PRO」、「DARK CORE RGB PRO SE」を紹介してみました。

最近では重さが100g以下のワイヤレスゲーミングマウスも増えてきているので、少し重く感じる方もいるかもしれません。

他のゲーミングマウスではあまり見られない新機能がたくさん搭載されているのと、ソフトウェアでの設定項目も豊富なので色んな場面で活躍しそうなゲーミングマウスですね。

Qi充電に対応していない「DARK CORE RGB PRO」と、Qi充電に対応している「DARK CORE RGB PRO SE」、どちらも形状が全く同じなので間違えないように注意が必要…。


DARK CORE RGB PRO

Qi充電対応のSEモデル