【おすすめ】 ROCCAT Kone Pure Owl-Eye レビュー【ゲーミングマウス】

3月 6, 2020

知る人ぞ知る、隠れた名機「Kone Pure Owl-Eye」。
2007年設立のドイツの老舗ブランドROCCATから発売されているゲーミングマウス。
比較的安価で手に入る高性能なこのゲーミングマウスをご紹介します。


主な性能

形状左右非対称(右手専用)
重さ88g
DPI100 ~ 12000 DPI
レポートレート1000Hz
センサーOwl-Eyeオプティカルセンサー
最大加速度50G
応答時間1ms
オンボードメモリ512kB
USBケーブルの長さ1.8m
サイズ(幅 x 奥行 x 高さ)70 × 115 × 39 mm
保証期間2年間


色のバリエーションはブラックホワイトの2つ。

Owl-EyeオプティカルセンサーのベースとなっているのはPMW3361なので、ロジクール等のゲーミングマウスと同等の性能。

専用ソフトウェアでRGB設定やDPI設定など、細かな設定ができる。

リフトオフディスタンス( マウスを持ち上げた時、どれだけの高さまでセンサーが反応するか )の調整機能が付いており、専用のソフトウェアでカスタマイズ出来る。

Easy Shift(設定したボタンを押している間だけ、第2のマウスボタン設定で使用できる)という機能があり、ボタンのカスタマイズが豊富。 
※使用例:MMOなどのゲームをプレイする際、第2のマウスボタン設定で左クリックにスキルが使えるキーを設定し、Easy Shiftを押しっぱなしにして左クリックをすると、設定したスキルが打てる。


専用ソフトウェア(SWARM)の設定画面1
専用ソフトウェア(SWARM)の設定画面2
Easy Shiftの設定画面

 


 

良い点

・親指の部分に窪みがあり、手が小さい人でもフィットして持ちやすい

・専用ソフトウェア(SWARM)が使いやすく、細かな設定が出来るのでカスタマイズ性に長けている

・つまみ持ち、つかみ持ちの方でミドル、ハイセンシのFPSプレイヤーに向いている

Easy Shift機能でマウスのボタンの数を実質2倍に出来るので、MMOなどの複雑なスキルがあるゲームに向いている


気になった点

・手が大きめの方で、かぶせ持ちをする方には向いていない

・サイドボタンが上に配置されているので少し押しにくい


まとめ

今回はゲーミングマウス「Kone Pure Owl-Eye」を紹介させていただきました。

Easy Shiftという唯一無二の機能はこのマウスの一番の強みだと思います。
この機能を使いこなせば、MMOのスキルを撃つ時など、かなり有利にゲームをプレイすることが出来ます。

LogicoolRazerのマウスにも引けを取らない性能を持ちながら、約6,000円と比較的安価で手に入るので、コスパで言えばトップクラスのゲーミングマウスだと思います。

少し小ぶりなマウスなので比較的手が小さめの方や、つまみ持ちつかみ持ちでゲームをプレイする方に特におすすめです。