ゲーミングマウスパッド SteelSeries QcK Limited レビュー

2月 29, 2020


現在は生産を終了している「SteelSeries QcK Limited」
長期間FPSなどで使用して感じたことなどをレビューしていきます


SteelSeries QcK Limitedの性能


・サイズは 270mm x 横 320mm x 厚さ 3mm

・摩擦を最小限に抑え、シルクのような滑らかさのマイクロウーブンクロス

・表面の縁に沿ったアンダーステッチで、擦り切れや剥がれを確実に防止

・幾何学的な模様が目を引くデザイン


SteelSeries QcK Limitedの使用感


幾何学的なデザインがかっこいい!!


長い間このゲーミングマウスパッドを使用していて感じたことは、他のマウスパッドに比べてよく滑りなめらかな感触です。かといって滑りすぎて止まらないなんてこともなく、止めたいときには止まってくれるグリップ力も兼ね備えています。

あと外観のデザインがかっこいい!!

「摩擦を最小限に抑え、シルクのような滑らかさのマイクロウーブンクロス」と公式に書いていますが、全くもってその通りで、きめ細やかな表面でまさにシルクのようなツルツル感があります。
アンダーステッチのおかげで擦り切れや剥がれはもちろん、ほつれもほぼ無かったです。

それに加えてデザインがかっこいい!!

摩擦で擦れて手首が痛くなるなんてこともないので、激しいマウス動作をしても問題なかったです。

デザインがかっこいい!!

1つだけ難点があるとすれば、きめ細やかで密度が高く、厚さも3mmと薄めなので机の硬さが直に伝わってきます。欲を言えばもう少しだけ厚みが欲しいかなと思いました。

あとかっこいい!!


SteelSeries QcK 無印とLimitedの違い


SteelSeriesのマウスパッドといえばSteelSeries QcK(無印)といっていいほど過言ではないマウスパッド。

この2つのゲーミングマウスパッドを比較してみると、マウスがしっかり止まるグリップ力の無印、マウスがよく走る滑りの良いLimitedという印象です。
これに関しては完全に個人の好みになってくると思います。

私的には無印も良かったのですが、FPSを長時間プレイする際に、ロー寄りのミドルセンシだったので、摩擦で手首が痛くなってしまうことがありました。
それに比べてLimitedは摩擦で手首を痛めることは無かったので、ローセンシのFPSプレイヤーにはおすすめです。


さいごに

今回はゲーミングマウスパッドの「SteelSeries QcK Limited」を紹介させていただきました。

個人的にもかなり気に入っているゲーミングマウスパッドなのでおすすめしたいところではありますが、最初に記述したとおり、現在は生産終了してしまっていて、手に入りにくい状況となっています。

無印に比べ約6000円以上と、かなり高めの値段設定になっているので、「諭吉さんと友達だし、どうしても欲しい!!」という方は手に取ってみてはいかがでしょうか。