【布系マウスパッド】一年間使用したマウスパッドでも新品同然!!Before After【洗い方】

マウスパッドが汚れたまま放置している方、汚れが溜まったらすぐに新調してしまう方、それ、もったいないですよ!!
汚れが溜まればマウスの操作性が低下したり、雑菌が溜まってしまったりとデメリットが多くあります。
マウスの操作性が落ちるなんて、FPSプレイヤーにとっては大打撃!!

ということで今回は使い古したマウスパッドでも新品同然に蘇らせる洗い方をご紹介!!
実際に1年間使用したマウスパッドを洗浄してみましたので、参考程度に見ていただけると幸いです。


マウスパッドの洗い方

30~40℃程度のぬるま湯に付けてしばらく放置

冷たすぎず、熱すぎない程度のぬるま湯をバケツ等に用意します。
ここにマウスパッドを浸して、30分程度放置。

固形石鹸で手のひら、指の腹を使いながら優しく洗う

マウスパッドの汚れの原因は、ほとんどが手の皮脂等のタンパク質なので、タンパク質汚れに強い固形石鹸を使用することをおすすめします。
固形石鹸が家にある方はそちらを使用しても問題ありません。

マウスパッドの劣化につながる為、たわし等の硬めのブラシは使用しないようにしましょう。
手のひら、指の腹で擦ってあげれば、十分に汚れが落ちてくれます。

汚れを十分落としたら、バケツの水を取り替えながら石鹸を洗い流しましょう。

タオルで水分を取り、陰干しで乾燥させる

部屋にあった扇風機で雑に乾燥させる図

石鹸を大量の水で十分に流し終わったら、タオル等で擦らずに水分を取ります。(マウスパッドの上に乾燥した清潔なタオルを置き、軽く押し付けるようなイメージ)

ある程度水分を拭き取ったら、次は乾燥させます。

ドライヤーや直射日光に当てて乾燥させてもおそらく問題は無いかと思いますが、劣化につながる恐れがあるため、あまりおすすめはしません。

陰干しでも十分に乾いてくれるので、日光の当たらない部屋で乾燥させることをおすすめします。




人肌に優しく、普段使いとしてもおすすめできる純石鹸のリンクを貼り付けておきます。
固形石鹸が家に無い方や、何を使えばいいかわからない方はコチラ!!
 

↓一個約120円ほどでコスパに優れる固形石鹸。ミルク成分、スクワランなど、高品質のうるおい成分配合で乾燥肌に優しい石鹸になっている。やさしいローズ調の花の香りでしっとりすべすべな美肌に仕上がります。


↓無農薬のオリーブオイルとローレルオイルを使用しており、乾燥肌や敏感肌、脂性肌の方にもおすすめ。人工的な香料を一切使用してないので、安心して使用できます。洗顔だけではなく、洗髪、全身にも使用可能。




実際に洗ってみた

今回蘇生させるマウスパッドはコチラ

白くなっている部分は光の反射ではなく全て汚れ。

一年間使い古した愛用ゲーミングマウスパッド「SteelSeries QcK Limited」くん。

手のひらが触れる部分はかなり白く汚れています。
私自身FPSゲームをよくプレイするので、マウスパッドに汚れを溜め込みやすいです。しかもローセンシ。
今思うと、良くこんな汚れたマウスパッド使い続けてたなと心底思います。


それでは早速、お世話になったこのマウスパッドを新品同様に蘇らせたいと思います。

手順は上で説明したとおり。全く同じ用に洗浄しました。
すると、なんとここまで綺麗になりました!!

 
 

想像を上回る汚れの落ち方!!
まさに新品同様に生まれ変わりました!!

画像では伝わりにくいかもしれませんが、肉眼で見ると感動するほどに綺麗になっていました。
若干白い汚れが残ったものの、十分過ぎるほどの変化を遂げてくれました。

マウスパッド本来の滑らかさもそのまま(むしろ良くなった??)で、問題なく使用できそうです。

まとめ

マウスパッドは消耗品ではありますが、大事に使ってあげれば十分長持ちします。
当然、すぐに買い換えるのも一つの手です。

ただ、長く使えるに越したことはないので、もし手元に汚れが溜まったマウスパッドがあれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

参考になれば幸いです。

p.s. 今回洗浄したマウスパッド「SteelSeries QcK Limited」は、現在生産終了しており、手に入りにくくプレミア価格がついております。あなたのマウスパッドもいつの間にかレアな物になってるかも!?